R君はとても元気で何にでも意欲的でした。でもS君が元気が無いので、ズ―ッと傍を離れずにいました。お兄ちゃん思いのR君です。おままごとの時もS君がする様に、一緒にして居ました。お砂をお皿に盛るだけの作業では、面白さも直ぐに飽きてしまうと思うのですが、それでもS君を気遣っています。暗黙の了解と云うのか?兄弟の絆を感じます。S君は、そんなR君の気使いを感じて、向こうに行っても良いよ的な素振りをしています。でも傍を離れないR君に安心している様子も見受けられます。S君がお昼寝から中々起き出して来ない夕方の一時、みんなと混じってTVやDVDを見て満足気でした。グランマでは、英語の時間は午前と午後に集中的にレッスンをします。もう直ぐ英語講師のマリー先生が復帰致しますので、具体的な日にちについては、後日決まり次第お知らせ致します。赤ちゃんを連れて来ますので、その準備等に追われている様です。マリー先生は開園以来専任講師としてグランマでずっと居てくれたとても優しい先生です。

スポンサーリンク