昨日は子ども達がお昼寝中に、強い地震がありました。一人のお友達だけが目を覚ましていて、他全員はぐっすり眠って居ました。避難訓練でも今までに経験したことが無い時でした。いつもの避難訓練では、大概午前中のお外遊びの時間に当てることが多かったので、不意に訪れる自然災害への認識が甘かったことを痛感させられました。保育業務の時間割を優先する考えを改めたいと思います。今日は、風邪休や祖父母の所へ行く等々で、4人でのスタートになりました。何だか調子が崩れた様なスカスカ感が拭えない一日です。お外遊びでは、Rちゃんは一番小さな女の子の手を引いて、何処へ行くのも一緒でした。イルカ形の水鉄砲で女の子同士で組んで、戦いごっこを楽しみました。演技派のRちゃんは、打たれたフリをして倒れ役が上手なので、みんな大喜びではしゃいでいました。Rちゃんは、不図したことでお友達が悪さをしてフラフラして居たりすると、厳しく注意する時もかなり理論的に突っ込んだ教師役に徹します。ハラッとする程説得力があります。頼もしいお姉さんになりました.

スポンサーリンク