絶好のプール日和1子ども達は元気に張り切って登園して来ます。自由時間の時でもアルフャベットや英単語が飛び交うグランマは、英語のシャワーで賑やかです。子ども達同士の英会話は、面白くて一人がアルフャベットを唄いはじめると、続きから始める子、ホワイトボードに描き始める子、マグネットを探す子など、色々なアクションが始まります。みんな自分の好きな文字から始めるので、重ならないのが不思議です。Mちゃんは、自分の名前を意識し始めたのか?「M」を探していました。Mちゃんは良い事に気づき『発音はエムなのに、わたしの時は如何して「ミ―」なの〜ぉ?』発音と文字の関係を知りたがって来ました。『ミルクのミ―とわたしのミ―もどちらも「M」と単語で書くのよ〜ぉ』と実際に単語を書いて見ましたが、未だ、さっぱり解りません。あまりにもポイントを突いた質問だったのですが、ちょっと難しかった様です。でも今後のプログラムの先になりますが、入れる時が来ますので、お楽しみに!

スポンサーリンク