R君は、走り駆けっこよりも、やはり怪獣ごっこが好きで良い様です。昨日と同じく赤砂利でお山をつくっては、崩し、怪獣さんの世界に浸りきりでした。お友達が途中参加してくれると、嬉しい様で、夢中で説明したりしていました。でもこの頃の子どもの特徴で「集中しない」のがあって、直ぐにほかへ転じていまいます。R君は、そんなお友達のことが理解できないので、不思議そうです。こうして見るとR君は、一貫して自分の世界を持ち続けて、偉い事だと思います。集中力が卓越しているのです。自分の目的意識もハッキリしていて、ブレずにしっかりしています。興味を持つことがいかに重要かを思いますと、大変良いことだと思います。楽しみです。

スポンサーリンク