今日は梅雨の合間の晴れ日です。土曜クラスは、MちゃんとK君の二人だけですが、二人とも元気いっぱい賑やかです。二人共先生にまとわり付き大変です。かくれんぼをしている時も、クローゼットの中にMちゃんが隠れていて、出ようとした時に、K君にいきなりドア―をパターンと閉められて、ビックリしたMちゃんは、オカンムリ!『もう!K君なんか知らない!』とかなり怒っていました。そう云えば登園時にもパパに何か怒っていましたね。喜怒哀楽がハッキリして、所謂3歳児の第1反抗期に突入した様です。相手のイライラも敏感に感じ取り、増幅して益々激しくなるのもこの頃からです。普段の説明も何も受付なくなります。でも、そんな時は少し間を置いて待っていると、自分で分かっている『無意識の自我』は、その答えを知っていますから、本音をポロリとつぶやいたりして、「Mちゃんは、本当は○○したいだけなんんだよネ〜」すると自分で気がついたりして、次の瞬間には、ケロッとしていたりします。K君が謝り、一件は片付きました。基本的に優しいMちゃんです❤

スポンサーリンク